妊活

【保存版】女の子の産み分けを成功させるための方法

ユマライフ 産み分け

こんにちは、ユマ(@yuma___ig)です。

赤ちゃんは授かりものとはいえ、できれば「女の子が欲しい!」「男の子が生まれてこないかな」なんて、希望が出てくることもありますよね。

100%確実とは言えませんが、産み分け方法を実践したら70〜80%の割合で赤ちゃんの性別を産み分けられるとも言われています。

ユマ

わたしは一人目が男の子だったこともあり、女の子の産み分けに挑戦しています。

そこで、今回は「女の子の産み分けする確率を高める方法」についてご紹介します。

記事の信憑性

  • 第二子:女の子の産み分けを実践して現在妊娠中
  • 産婦人科医監修の産み分け本で勉強しました
  • 参考書「女の子・男の子生み分けBOOK」読みました
  • 参考書「赤ちゃんの産み分けがわかる本」読みました

\ この記事はこんな悩みにお答えします /

  • 女の子が欲しいな
  • 女の子はどうしたら授かれるかな
  • 産み分けに興味があるけど不安だな

これから女の子の産み分けにチャレンジしようとしてる方の参考になれたら嬉しいです。

赤ちゃんの性別の決まり方

ユマライフ 産み分け

赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決まります。

精子は、X染色体Y染色体という細胞を持っており、卵子はX染色体のみを持っています。

女の子を産み分けるには、X染色体を持つ精子が卵子と結合してXX染色体となる必要があります。

つまり、精子の状態が赤ちゃんの性別を決める際に重要ということですね。

産み分けに重要なX精子の特徴

女の子を産み分けたいときには、X染色体を持つ精子を、卵子に届ける必要があります。

ここで重要になることが、X染色体とY染色体それぞれ持つ精子の特徴です。

X染色体の特徴(女の子)

  • 酸性に強く、アルカリ性に弱い
  • 寿命が2〜3日と長い
  • Y染色体よりも数が少ない
  • 動きが遅い

Y染色体の特徴(男の子)

  • アルカリ性に強く、酸性に弱い
  • 寿命が1日だけ
  • X染色体より数が多い
  • 動きが遅い

「X染色体より数が多い」特徴を見ると、「じゃあ、数が多い男の子の方が産まれやすいの?」と思ってしまいますよね。

ユマ

ですが、女性の膣は雑菌の侵入を防ぐために酸性になっていて、そこで死んでしまうY精子も多いんです。

そのため、男女が生まれる確率は約50%ずつになると考えれています。

女の子の産み分けは男の子より難しい

女の子の産み分けは男の子の産み分けよりも少し難しくなってしまいます

それは、あえて排卵日を外して(2、3日前に)仲良しをする必要があるからです。

そのため、もともと妊娠しづらいという方には、女の子の産み分けはあまりおすすめできません

女の子の産み分けは排卵日をずらして仲良しするので、妊娠確率が下がります

女の子の産み分け方法

ユマライフ 産み分け

排卵日の前日以降に仲良し

膣内は普段、酸性に保たれていますが、排卵日が近づくとアルカリ性になる特徴があります。

そのため、排卵日当日よりも膣内が酸性に近い排卵日前に仲良しをする方がX染色体をもつ精子が残りやすくなります。

ただし、この方法は排卵日を正確に予測することが大切です。

タイミングを間違えると、男の子が生まれやすくなることもあるので、このタイミングをしっかりとり、希望のタイミング以外で仲良しを行う際には、避妊するようにしましょう。

仲良しはあっさりする

仲良し中に女性がオーガズムに達すると、膣内にアルカリ性の分泌物が増えY染色体をもつ精子が活発に動けるようになります。

アルカリ性に傾いてしまうと、女の子が生まれるX染色体の精子が死滅してしまいます。

ユマ

男性側に気分を高めてもらってから射精する寸前に挿入するのが一番理想的みたいです!

浅い部分で射精してもらう

男の子が生まれるY精子の動きの方が早いので、奥に射精されるとY精子が先に卵子に到着してしまいます。

女性の膣内は基本的には酸性なので、男の子が生まれるY精子は卵子に到達する前にほとんど死滅してしまいます。

なので、女の子が欲しいときは奥に射精をしないことはとっても大切です。

女の子の産み分け確率を高めるアイテム

ユマライフ プロフィール

産み分けゼリーを使う

産み分けゼリーとは、仲良しの際に使うゼリー状の潤滑剤です。

女の子が欲しい場合は膣内を酸性に傾ける「ピンクゼリー」を使います。

産み分けゼリーは、レモン汁や重曹などを原料に作られていることが多く、それらの商品を性行為時に使用しても、自分の体や生まれてくる赤ちゃんに影響を与えることは少ないと言われています。

ただ、産み分けゼリーの中には成分を明記していない商品もあるので、購入を検討する場合は産婦人科医や助産師などに相談するのもいいでしょう。

クランベリーサプリを摂取する

クランベリーには「ポリフェノールやアシドフィルス乳酸菌が体内や膣内の環境を酸性に傾きやすくしてくれる」と言われているそうです。

なので、膣内環境を酸性に傾けることで、X精子がY精子よりも生き残る確率が上がるので、女の子が生まれやすいということになります。

産み分けのために旦那さんができること

ユマライフ 産み分け

ここでは、旦那さんにしてもらった方がいいことを挙げていきます。

ボクサーパンツにする

女の子のX精子は暑さに強くY精子は暑さに弱いと言われています。

そこで、登場するのがパンツを変えるという方法です。

具体的には、風通しのいいトランクスをやめて、ピタッとしたブリーフ系やボクサーバンツにしておくとおすすめです。

仲良しの前に熱めのお風呂に入ってもらう

狙った日の行為の前に厚めのお風呂に浸かることで、Y精子を弱らせます。

ユマ

41〜42度のお風呂に3分以上浸かるくらいで問題ないです。

もちろん、無理して湯あたりなどしないように、体調に合わせて試してみてくださいね。

適度に薄めてもらう

精子を溜めておくと、男の子のY精子が増えてしまう傾向にあります。

そのため、行為の3日前には精子を放出させてもらうようにしましょう。

気持ちを高めるためにも、3日前に夫婦で仲良ししておくのもおすすめです。

前日などに薄めてしまうと、精子の数が少なくなってしまうので、妊娠自体しづらくなってしまうので、注意です。

電磁波を浴びる

こちらは、旦那さんがSEやパイロットなど、機械からの電磁波を受けやすい仕事をされている方には女の子が多いという説に基づくものです。

実際に職業を変えることは難しいので、PC作業を少し多めにするくらいでも効果がありそうです。

ゲーム好きの旦那さんには、ゲームを長めにやってもらうとかも逆に喜んでもらえそうですね!

女の子産み分けのまとめ

ユマライフ 産み分け

女の子が欲しいと考えている場合には「排卵日の把握」と「避妊」の2つが重要だということを忘れないようにしましょう。

排卵日の予測を間違えたり、いつも避妊せずに仲良しをしたりしていると、タイミングを狙っても、違うタイミングで受精する可能性があります。

また、今回紹介した方法で女の子が産み分けられる確率は上がるものの、100%確実に産み分けられるということではありません。

希望する性別の赤ちゃんが授からなかったとしても、赤ちゃんが産まれる事それだけで奇跡。

笑顔で赤ちゃんを迎えてあげることを忘れないでくださいね。

ABOUT ME
ユマ
2歳息子と夫と暮らす20代のママです。只今、第二子の妊活を頑張っています。妊活に役立つ情報を発信しています。
RELATED POST